トップページ > ごぼう茶の成分 > ごぼう茶で鉄分不足をカバー

ごぼう茶で鉄分不足をカバー

毎日の食事で不足しがちな栄養素はたくさんあります。
その中でも、鉄分が足りていないという人は多いのではないでしょうか。

鉄分といえばレバーですが、毎日レバーを食べるのは億劫です。
しかしごぼう茶を毎日飲んでいれば、鉄分の摂取量をカバーできます。

意外ですが、ごぼう茶にも鉄分は含まれているのですね。
鉄分というと血を作る成分と考えがちですが、正確にはヘモグロビンや赤血球の生成を助けます。

ヘモグロビンや赤血球は酸素を体中に運ぶ大事な役割をもっています。
そのため鉄分が不足すると、酸素がいきわたらず、めまいやふらつき、だるさの原因になるわけです。

ですからごぼう茶を飲むと単純に若返る、肌がきれいになる、ダイエットになるだけではありません。
ごぼう茶には貧血を予防し、疲労回復、免疫力の向上にも役立っていることが分かります。

特に女性の場合は生理などで鉄分を失いやすく、女性の半分近くは鉄欠乏性貧血といわれています。
女性には特に、ごぼう茶を飲んで鉄分補給してほしいものです。

もし貧血気味である、動悸がする、顔色が悪い、風邪をひきやすいという方は、鉄分が足りていないかもしれません。
もちろんごぼう茶を飲んでいれば大丈夫というわけではありません。

きちんと食事をとり、それでも不足する鉄分などの栄養素を補助するためにごぼう茶を飲むのです。
なお鉄分はビタミンCと一緒に摂取すると吸収率が上がるといわれます。

ですから鉄分と一緒にビタミンCも取るように心がけましょう。

>>ごぼう茶のサポニン
>>ごぼう茶のイヌリン
>>ごぼう茶のカリウム
>>ごぼう茶のポリフェノール
>>ごぼう茶で鉄分不足をカバー

おすすめごぼう茶

あじかん焙煎ごぼう茶

【価格】お試し600円(送料無料)
【内容量】2g×7包入(1週間分)

>>詳細はこちら

あじかん焙煎ごぼう茶はあの南雲医師が監修したごぼう茶ですので、その効果は期待できます。
他のごぼう茶と違うのは素材からこだわり、ごぼう茶の栄養素を失うことなく焙煎し、その味と香りを高めた点にあります。

安いごぼう茶では皮しか使用していないことがありますが、あじかん焙煎ごぼう茶は丸ごと焙煎しているので、ごぼうの健康パワーを余すところなく摂取できるでしょう。
さらに優秀味覚賞まで受賞しているので、その味の高さも折り紙付きといえます。

有機高原のごぼう茶

【価格】お試し1,000円(税込、送料無料)
【内容量】2g×10パック

>>詳細はこちら

こだま食品の有機高原のごぼう茶は、安心安全の国産有機栽培のごぼう茶です。
もちろん農薬ゼロなので安心して飲むことが出来ますね。
こだま食品さんの有機ごぼうは普通のごぼうに比べてポリフェノールの含有量が多く、抗酸化力がとても高いそうです。
モンドセレクション3年連続金賞で飲みやすさにもこだわっていますから、ファンも多いんです。

おすすめ混合ごぼう茶

べっぴん黒豆ごぼう茶

【価格】初回限定2,592円(送料無料)
【内容量】3g×60個
【原材料】ごぼう、黒豆、はと麦、大豆胚芽

>>詳細はこちら

黒豆を配合しているので香ばしく、純粋なごぼう茶よりも飲みやすいです。
黒豆と大豆胚芽が含まれており、イソフラボンとサポニンも豊富なので、美容効果は高いです。
ティーライフさんの商品はどれも美味しいのでおすすめです。
ノンカフェインなので小さいお子さんから高齢の方、妊婦さんも安心です。

爽快ごぼうなた豆茶

【価格】3,450円(定期コース送料無料)
【お試し】1,480円(初回限定・送料無料)
【内容量】1.5g×30個
【原材料】ごぼう、なた豆、プロポリス

>>詳細はこちら

お口のネバネバ、口臭など、お口のトラブルにお悩みの方におすすめのごぼう茶です。
抗菌、殺菌効果に優れたプロポリスも配合しているから、お口の中もすっきり清潔です。

その他の記事