トップページ > ごぼう茶の副作用 > ごぼう茶の飲み過ぎに注意

ごぼう茶の飲み過ぎに注意

ごぼう茶は非常に健康に良いお茶です。
かといってたくさん飲んだ方が健康に良いというわけでもなさそうです。

通常は多少飲み過ぎても副作用の心配はなさそうですが、胃腸の弱い方や免疫力の低下している方はごぼう茶のサポニンに負けてしまう可能性があります。

ごぼうに含まれるサポニンは地中の細菌からの攻撃から守るため、強力な分解作用を持っています。
そのおかげで体内の脂質やコレステロールの分解に役立ってくれるのですが、飲みすぎると体に良い成分まで壊してしまう恐れがあります。

一日何杯ぐらいまでなら大丈夫かというと個人差があるので何ともいえません。
摂取量は人それぞれです。

個人的には一日1〜2杯なら問題はないかと思いますが、異変を感じたら服用量を減らしてみてください。
一部ではごぼう茶を飲み過ぎて下痢になったという方もいるそうです。

サポニンの影響で消化器管がダメージを受ける可能性も否定できません。
しかし摂取量を守っておけば何もリスクはありません。

むしろごぼう茶に含まれるサポニン、イヌリンの働きによって便秘が改善、冷え性、むくみが治るなど良い効能ばかりです。
良薬でも摂取量を守らないと副作用の危険性があるというのはむしろ当然だと思います。

何事もほどほどが良いのです。
毎日1,2杯を摂取して健康な体を手に入れましょう。

>>ごぼう茶で下痢になる?
>>ごぼう茶で胃痛になる?
>>ごぼう茶の飲み過ぎに注意
>>ごぼう茶で眠気は生じない

おすすめごぼう茶

あじかん焙煎ごぼう茶

【価格】お試し600円(送料無料)
【内容量】2g×7包入(1週間分)

>>詳細はこちら

あじかん焙煎ごぼう茶はあの南雲医師が監修したごぼう茶ですので、その効果は期待できます。
他のごぼう茶と違うのは素材からこだわり、ごぼう茶の栄養素を失うことなく焙煎し、その味と香りを高めた点にあります。

安いごぼう茶では皮しか使用していないことがありますが、あじかん焙煎ごぼう茶は丸ごと焙煎しているので、ごぼうの健康パワーを余すところなく摂取できるでしょう。
さらに優秀味覚賞まで受賞しているので、その味の高さも折り紙付きといえます。

有機高原のごぼう茶

【価格】お試し1,000円(税込、送料無料)
【内容量】2g×10パック

>>詳細はこちら

こだま食品の有機高原のごぼう茶は、安心安全の国産有機栽培のごぼう茶です。
もちろん農薬ゼロなので安心して飲むことが出来ますね。
こだま食品さんの有機ごぼうは普通のごぼうに比べてポリフェノールの含有量が多く、抗酸化力がとても高いそうです。
モンドセレクション3年連続金賞で飲みやすさにもこだわっていますから、ファンも多いんです。

おすすめ混合ごぼう茶

べっぴん黒豆ごぼう茶

【価格】初回限定2,592円(送料無料)
【内容量】3g×60個
【原材料】ごぼう、黒豆、はと麦、大豆胚芽

>>詳細はこちら

黒豆を配合しているので香ばしく、純粋なごぼう茶よりも飲みやすいです。
黒豆と大豆胚芽が含まれており、イソフラボンとサポニンも豊富なので、美容効果は高いです。
ティーライフさんの商品はどれも美味しいのでおすすめです。
ノンカフェインなので小さいお子さんから高齢の方、妊婦さんも安心です。

爽快ごぼうなた豆茶

【価格】3,450円(定期コース送料無料)
【お試し】1,480円(初回限定・送料無料)
【内容量】1.5g×30個
【原材料】ごぼう、なた豆、プロポリス

>>詳細はこちら

お口のネバネバ、口臭など、お口のトラブルにお悩みの方におすすめのごぼう茶です。
抗菌、殺菌効果に優れたプロポリスも配合しているから、お口の中もすっきり清潔です。

その他の記事