トップページ > ごぼう茶の副作用 > ごぼう茶で胃痛になる?

ごぼう茶で胃痛になる?

ごぼう茶の副作用の一つに下痢や胃痛があります。
そのためごぼう茶を飲んで胃痛が起きるということもあるでしょう。

ごぼう茶に含まれるサポニンは石鹸などに代表される界面活性作用を持っています。
サポニンは腸内や血管内のコレステロールを分解する作用を持ち、細菌の細胞膜を破壊することが出来ます。

そのため殺菌作用や抗菌作用が期待できるのです。
しかし強い効能のため摂取しすぎると体に良くない症状も出るようです。

これはサポニンの毒性とも揶揄され、人体の細胞膜にも作用してしまいます。
溶血作用ともいわれ、赤血球を破壊するとの懸念もされています。

また人体に都合のよいように悪玉コレステロール(LDL)だけを破壊するのではありません。
HDLと呼ばれる善玉コレステロールも破壊する恐れがあるとされています。

このように薬と同じように人体にとっての効能もあれば副作用もあるということです。
ただ薬とは違って適量を守っていれば、リスクも少ないため、過度な心配は不要です。
なお適量としては1日に100mgとされています。

ごぼう茶の飲み過ぎは避け、摂取量を守っていれば、胃痛や下痢といった症状に悩まされることもないと思います。
もし体に悪い症状が出た場合は一旦ごぼう茶を飲むのは止めましょう。

>>ごぼう茶で下痢になる?
>>ごぼう茶で胃痛になる?
>>ごぼう茶の飲み過ぎに注意
>>ごぼう茶で眠気は生じない

おすすめごぼう茶

あじかん焙煎ごぼう茶

【価格】お試し600円(送料無料)
【内容量】2g×7包入(1週間分)

>>詳細はこちら

あじかん焙煎ごぼう茶はあの南雲医師が監修したごぼう茶ですので、その効果は期待できます。
他のごぼう茶と違うのは素材からこだわり、ごぼう茶の栄養素を失うことなく焙煎し、その味と香りを高めた点にあります。

安いごぼう茶では皮しか使用していないことがありますが、あじかん焙煎ごぼう茶は丸ごと焙煎しているので、ごぼうの健康パワーを余すところなく摂取できるでしょう。
さらに優秀味覚賞まで受賞しているので、その味の高さも折り紙付きといえます。

有機高原のごぼう茶

【価格】お試し1,000円(税込、送料無料)
【内容量】2g×10パック

>>詳細はこちら

こだま食品の有機高原のごぼう茶は、安心安全の国産有機栽培のごぼう茶です。
もちろん農薬ゼロなので安心して飲むことが出来ますね。
こだま食品さんの有機ごぼうは普通のごぼうに比べてポリフェノールの含有量が多く、抗酸化力がとても高いそうです。
モンドセレクション3年連続金賞で飲みやすさにもこだわっていますから、ファンも多いんです。

おすすめ混合ごぼう茶

べっぴん黒豆ごぼう茶

【価格】初回限定2,592円(送料無料)
【内容量】3g×60個
【原材料】ごぼう、黒豆、はと麦、大豆胚芽

>>詳細はこちら

黒豆を配合しているので香ばしく、純粋なごぼう茶よりも飲みやすいです。
黒豆と大豆胚芽が含まれており、イソフラボンとサポニンも豊富なので、美容効果は高いです。
ティーライフさんの商品はどれも美味しいのでおすすめです。
ノンカフェインなので小さいお子さんから高齢の方、妊婦さんも安心です。

爽快ごぼうなた豆茶

【価格】3,450円(定期コース送料無料)
【お試し】1,480円(初回限定・送料無料)
【内容量】1.5g×30個
【原材料】ごぼう、なた豆、プロポリス

>>詳細はこちら

お口のネバネバ、口臭など、お口のトラブルにお悩みの方におすすめのごぼう茶です。
抗菌、殺菌効果に優れたプロポリスも配合しているから、お口の中もすっきり清潔です。

その他の記事