トップページ > ごぼう茶の糖尿病への効果 > 上手に血糖値をコントロールする方法

上手に血糖値をコントロールする方法

糖尿病になりはしないかびくびくしている人もいるでしょうが、上手に血糖値をコントロールすれば恐れることはありません。
糖尿病になると怖いのは合併症であり、糖尿病にならないに越したことはありません。

そこで、実際に使える血糖コントロールの方法をご紹介したいと思います。
基本的には糖尿病患者であっても、血糖コントロールの方法は運動と食事です。

運動と食事でどうしても血糖値が下がらない場合は、薬物療法という方法も取られることがあります。
食事は基本的に1日3食食べることと、一定のカロリーを超えないよう、栄養バランスを考えて食べることです。

血糖値が高い人は食べ過ぎない方が良いのでは?と思われるかもしれません。
しかし食事を抜いてしまうことで、次の食事で血糖値の変動が激しくなるため、食事を抜くことは危険なのです。

また食事をするときは、糖分の少ないものから食べると良いといわれています。
炭水化物などは体の中で糖を作り出すため、まずは野菜などを食べた後にごはんやパンを食べるようにするのです。

食べる順番ダイエットで話題になりましたが、食べる順番によって糖の吸収速度が変わるのです。
また食後はお茶を飲むことで、糖の吸収が緩やかになり、血糖値の上昇を抑えるのに役立ちます。

緑茶でも良いですが、特にごぼう茶は食物繊維が豊富なので、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。
それから運動は血糖値を下げるのにも有効な方法です。

糖は運動をすることでエネルギーに変わり、消費されて血糖値が下がります。
さらに運動はインスリンの分泌を活性化させるため、血糖値を下げるのに運動が良いのです。

運動を定期的に行うようにすれば、血糖コントロールも上手くいくようになるはずです。

>>コレステロールの分解作用
>>高血圧にごぼう茶
>>糖尿病予防には食後のコーヒーよりごぼう茶
>>妊娠中は血糖値が上がりやすいので要注意
>>上手に血糖値をコントロールする方法

おすすめごぼう茶

あじかん焙煎ごぼう茶

【価格】お試し600円(送料無料)
【内容量】2g×7包入(1週間分)

>>詳細はこちら

あじかん焙煎ごぼう茶はあの南雲医師が監修したごぼう茶ですので、その効果は期待できます。
他のごぼう茶と違うのは素材からこだわり、ごぼう茶の栄養素を失うことなく焙煎し、その味と香りを高めた点にあります。

安いごぼう茶では皮しか使用していないことがありますが、あじかん焙煎ごぼう茶は丸ごと焙煎しているので、ごぼうの健康パワーを余すところなく摂取できるでしょう。
さらに優秀味覚賞まで受賞しているので、その味の高さも折り紙付きといえます。

有機高原のごぼう茶

【価格】お試し1,000円(税込、送料無料)
【内容量】2g×10パック

>>詳細はこちら

こだま食品の有機高原のごぼう茶は、安心安全の国産有機栽培のごぼう茶です。
もちろん農薬ゼロなので安心して飲むことが出来ますね。
こだま食品さんの有機ごぼうは普通のごぼうに比べてポリフェノールの含有量が多く、抗酸化力がとても高いそうです。
モンドセレクション3年連続金賞で飲みやすさにもこだわっていますから、ファンも多いんです。

おすすめ混合ごぼう茶

べっぴん黒豆ごぼう茶

【価格】初回限定2,592円(送料無料)
【内容量】3g×60個
【原材料】ごぼう、黒豆、はと麦、大豆胚芽

>>詳細はこちら

黒豆を配合しているので香ばしく、純粋なごぼう茶よりも飲みやすいです。
黒豆と大豆胚芽が含まれており、イソフラボンとサポニンも豊富なので、美容効果は高いです。
ティーライフさんの商品はどれも美味しいのでおすすめです。
ノンカフェインなので小さいお子さんから高齢の方、妊婦さんも安心です。

爽快ごぼうなた豆茶

【価格】3,450円(定期コース送料無料)
【お試し】1,480円(初回限定・送料無料)
【内容量】1.5g×30個
【原材料】ごぼう、なた豆、プロポリス

>>詳細はこちら

お口のネバネバ、口臭など、お口のトラブルにお悩みの方におすすめのごぼう茶です。
抗菌、殺菌効果に優れたプロポリスも配合しているから、お口の中もすっきり清潔です。

その他の記事